最近は金利も低金利の状態にあり、一定の収入があればローンを組んでマンションを購入するということも容易になってきております。マンションのデベロッパーは、より立地条件の良いマンションを建てているというのが現況です。そこで最近は、投資用のワンルームマンションをローンにより購入する方があえています。不動産業社と購入者の間で取り交わす契約の中にサブリースという形式が含まれます。この方式はどのような方式であるのか、そして、その方式にはどのようなメリットやデメリットがあるのかについて、正確にその内容について把握することは、後々、購入した物件を販売する際に大きく影響することとなりますので、この仕組みについて正しく理解することは大事なこととなります。

サブリースの仕組みとは、どのようなものか

サブリースの仕組みとは、どのような仕組みなりのかについて説明いたします。不動産会社から、投資用のワンルームマンションを購入しますと、不動産会社とオーナーの間で契約を交わします。この契約の中にサブリースに関する内容も含まれていますが、直接的に「サブリース」という表現を使っていないので、なおさら分かりにくい状況になっています。サブリースには二つの形式があります。第一には「集金代行」です。第二には「家賃保証」です。それぞれの言い回しは違いますが、オーナーの部屋を借りている人から賃貸料をもらい、その無賃貸料をローンの返済に充当するという点では共通しています。違いとしては、集金代行の場合には、家賃から管理費を引いた金額がオーナーに振り込まれます。デメリットは、空室の場合には、家賃は入らないことです。家賃保証は、空室でも不動産会社から家賃がはいりますが、集金代行に比べて、約1万円低くなります。

サブリースに関する留意点について

前段でも無説明したように、サブリースは不動産会社とオーナーとの間で交わす契約の形式です。確かに、一定の家賃が入り、その家賃からローンの返済に当てるという利点はあます。また、ローンが完済すると、湯家賃は丸々オーナーに入り、節税対策にもなり、一見するとメリットのあるものです。しかし、このサブリースには気を付けるべきことがあります。それは、将来転売したい場合にかかわってきます。買手がみつかり満足する値段で転売しようとするときに、サブリースの契約の解約に伴なう違約金を、売り手のオーナーが支払わなければなりません。その違約金は、家賃保証の場合には、家賃の3カ月分になります。集金代行の場合には、家賃の6カ月分になります。この違約金については、賃貸契約書の「期限内の契約解除」の欄に記載されていますが、購入時にそこまで気づく人は皆無です。仮に集金代行で家賃が8万円だとしますと、違約金は48万円になります。安くはありません、結局転売を断念する人も多々います。このような留意点があるということを正しく認識することが肝要です。