通常、賃貸借契約を結ぶ時は、物件所有者が入居者と直接契約して、家賃収入を得ます。自らが経営するので、家賃収入はすべて自分もものになります。しかし、サブリースは、建物ごと不動産会社に借り上げしてもらい、不動産会社が入居者を募る方式です。物件所有者は不動産会社から一定の割合で賃料を支払ってもらえます。たとえ、空室だったとしても賃料が支払われるのが特徴です。このように、家賃保証が得られるのがサブリースの魅力です。入居者は、サブリース会社と賃貸借契約を結ぶことになるので、入居者に関する管理はサブリース会社が行ってくれます。その代わり、満額分の家賃はサブリース会社が受け取ることになっているので、物件所有者は満室の場合でも家賃の全額を受け取ることはできません。

サブリースを行うことのメリット

サブリース会社が物件を一括借り上げしますので、空室があったとしても一定の家賃収入は保証されています。また、滞納があったとしても、同じく家賃収入が保証されています。サブリース会社に管理を依頼することで、物件を建てる時に借りたローンの返済も滞る心配が少ないです。入居者にとっての管理人であるサブリース会社が、通常の管理業務も行ってくれます。自分で物件を管理した場合は、入居者からの家賃収入や入居や退去にかかる費用管理も自分で行わなければならず、確定申告が煩雑になりがちですが、サブリース会社を利用すれば、収支の管理がとても簡単で確定申告も楽にできます。入居者のトラブルにも巻き込まれずに済みます。家賃滞納なども含めて、悩ませられたり訴えられたりすることはありません。

サブリースを行うことのデメリット

サブリース会社が間に入ることによって、保証料などを取られる為に、家賃収入をすべて自分のものにすることはできません。しかし、これは仕組み上仕方の無いことです。その代わり、空室があったり賃借人が滞納したとしても、直接自分が被害にあうことはありませんので、どちらが良いのか選択するべきことです。入居者の選定は、サブリース会社が行います。その為、モラルが低い人などが入居してくる場合もありますが、断ることはできません。トラブルが起こることはサブリース会社にとってもメリットではない為、ある程度の線引きをした上で入居者を決めていますが、あまり基準を厳しくしすぎて空室が出てしまっては元も子も無いので、ある程度目を瞑る必要がある点とも言えます。サブリース会社が倒産するリスクもあります。その場合、敷金が回収できない可能性が高いです。